その他

「炎症」とは、その種類と影響

慢性的な炎症は正常な細胞を傷つけながら 全身に広がっていきます。
スポーツ障害

【シンスプリント】原因とストレッチ方法

一番の原因は重心の位置です。踵側に体重を乗せてみて下さい。 脛の部分に力が入っていることがわかります。
スポーツ障害

仙腸関節障害

特に骨盤後傾のときには この関節にかかる負担が強く 重たい物を持ち上げる際には注意が必要です。
筋骨格の歪み

扁平足

よく改善のためにニギニギ(足の指の曲げ伸ばし)なんかを 一生懸命していますよね? それ無意味かもしれません。
スポーツ障害

腱固定作用・テノデーシスアクション

この作用を利用するのが、よくいう 「手首のスナップを効かせる」というものですね。 野球の投球時やダーツなんかで活躍する作用です。
スポーツ障害

脊柱管狭窄症

二足歩行である人類に、この狭窄を防ぐ完全な手立てはありません。年齢と共に骨も筋肉も衰えてしまうからですね。 であるならば、できるだけ長く、適正な姿勢と筋力を維持すること。これが一番の予防になります。
筋骨格の歪み

[ストレートネック]の原因とリスク。その対策

ストレートネックは誰でもなる可能性が 極めて高い現代病です。 防ぐにはセルフケアの習慣化が必要です。
筋骨格の歪み

むずむず症候群のお話

レストレスレッグス症候群がなぜ起こるのかは解明されていませんが、 腰椎の神経圧迫や梨状筋症候群などの 筋肉の変異からなるようなことでも起こり得るのでは?
その他

筋間中隔

伸筋と屈筋は関節の曲げ伸ばしの時に 伸びる側と縮む側とで別々に動きます。 その筋肉がすれ合う部分を「筋間中隔」といいます。
スポーツ障害

[正しいアイシング]なぜ冷やすのは良くないのか?

発熱のある患部は冷やすと発痛物質の分泌は抑えられますが、 修復活動が妨げられて回復が遅くなります。 このため長時間のアイシングは「逆効果」といえます。
PAGE TOP