スポーツ障害

スポーツ障害

【腰椎分離症・思春期分離症】発症前から競技復帰までにすべきこと

腰椎分離症は主にスポーツなどの場面で 腰を曲げる、そらす、捻る運動を繰り返していると発症する疲労骨折です。
スポーツ障害

【梨状筋症候群】坐骨神経痛の原因の8割は「梨状筋」だった

坐骨神経痛の方の8〜9割はこの梨状筋症候群ですね。 腰やお尻周りの痛み・違和感、とくに坐骨神経痛は ほぼほぼこの梨状筋が関与していると僕は考えています。
スポーツ障害

【坐骨神経痛とスポーツ障害】お尻の痛み・ケツワレ

その原因の多くがフォームの悪さです。 最初に言っておきますね。 正しいフォーム抜きでケツワレからは逃れられません。
スポーツ障害

【スポーツ・セルフケア】これだけは外せない足とふくらはぎのマッサージ

これをお話すると確実に患者さん減る内容になっています。ぜひ取り入れて下さいね。
スポーツ障害

【シンスプリント】原因とストレッチ方法

一番の原因は重心の位置です。踵側に体重を乗せてみて下さい。 脛の部分に力が入っていることがわかります。
スポーツ障害

仙腸関節障害

特に骨盤後傾のときには この関節にかかる負担が強く 重たい物を持ち上げる際には注意が必要です。
スポーツ障害

腱固定作用・テノデーシスアクション

この作用を利用するのが、よくいう 「手首のスナップを効かせる」というものですね。 野球の投球時やダーツなんかで活躍する作用です。
スポーツ障害

脊柱管狭窄症

二足歩行である人類に、この狭窄を防ぐ完全な手立てはありません。年齢と共に骨も筋肉も衰えてしまうからですね。 であるならば、できるだけ長く、適正な姿勢と筋力を維持すること。これが一番の予防になります。
スポーツ障害

[正しいアイシング]なぜ冷やすのは良くないのか?

発熱のある患部は冷やすと発痛物質の分泌は抑えられますが、 修復活動が妨げられて回復が遅くなります。 このため長時間のアイシングは「逆効果」といえます。
スポーツ障害

何十年ぶりかに再開したスポーツで発生した痛みについて

学生時代スポーツをされていて卒業後はなにもせず、 数年後またスポーツを再開された方に多いのが アキレス腱と股関節の痛みです。
PAGE TOP