骨盤前傾・後傾がもたらす股関節痛

筋骨格の歪み

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は股関節痛でも、「骨盤の前傾、後傾がもたらす股関節痛」についてのお話です。

骨盤の前傾後傾は

股関節の骨頭にかかる負担の割合に大きく関わります。

後傾すると股関節にかかる力が強くなり、

前傾すると股関節への負担は軽減されますが

腰椎が反るので腰に負担がかかります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

骨盤後傾のリスク

ハマりすぎ外れすぎ

骨盤が後傾すると荷重に対するセンターが狂い、股関節そのものに負担がかかります。

外れかけた状態になっているのがお分かり頂けるでしょうか?

産科でいうところの「飛び出した股関節」状態ですね。

この状態で股関節を使うと軟骨の摩耗と破壊が繰り返され、

変形性股関節症に発展します。

骨盤後傾の方は坐骨神経痛やO脚になりやすい傾向もあり

それも要因となってどんどん股関節痛が悪化していくケースが多いです。

「骨盤後傾」とは?そのリスクと対策
骨盤後傾は膝・腰に負担がかかりやすく背骨の変形、O脚、X脚などの原因になります。 早めに対処しておきましょう。

骨盤前傾のリスク

骨盤が前傾すると股関節自体はしっかりと覆われて、

関節はよくハマった状態ですね。

ですが、椎間関節に圧力がかかり続け腰痛の要因になります。

この圧力がかかって椎間関節が要因とされる症状として

お尻の痛み、ふくらはぎの痛み、しびれ、脱力感などがあります。

【腰椎分離症・思春期分離症】発症前から競技復帰までにすべきこと
腰椎分離症は主にスポーツなどの場面で 腰を曲げる、そらす、捻る運動を繰り返していると発症する疲労骨折です。

同時に、

股関節が飛び出さないように作用する大腰筋への負担が強くなり、

緊張・肥大した大腰筋が要因とされる股関節痛や腰痛が発生します。

女性に多い[骨盤前傾]とは?そのリスクと対策
「朝起きた時腰が痛い」っていうことはないでしょうか? この場合。骨盤が前傾になっている可能性大です。 この記事ではそんな腰痛に対してのストレッチと運動を紹介しています。

施術について

以上のことから股関節痛に対しては骨盤矯正が有効であるということ、

骨盤の歪みは股関節でなく体全体に及ぶ。

ということがお分かりいただけたかと思います。

なので施術は全身に及びます。

股関節だけというのは効果が全くないんですね。

前傾か後傾かを見極めた後でセルフケアの方法を一緒に考え、

根本から改善させていくよう考えています。

まとめ

以上、「骨盤前傾・後傾がもたらす股関節痛」でした。

骨盤前傾・骨盤後傾は全身に及ぶ歪みです。

歪みのほとんどは生活習慣によるものなのでセルフケアが必須ですが、

矯正すれば必ず症状は改善します。

お悩みでしたらお気軽にご相談ください。

最後までご覧いただき感謝します!

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP