女性に多い[骨盤前傾]とは?そのリスクと対策

筋骨格の歪み

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「骨盤前傾」についてのお話です。

  • 骨盤前傾とは?
  • セルフチェックできるの?
  • どんなリスクがあるの?
  • 効果的なストレッチはある?
  • 予防はできるの?
  • やってはいけないストレッチ!?
  • すでに前傾してるけど矯正できるの?

こう言った疑問にお答えします。

僕自身は「骨盤後傾」で腰痛持ちでしたが

セルフストレッチで矯正。腰痛からも脱却しました

骨盤前傾とは

骨盤前傾はいわゆる「腰が反った」状態ですね。

簡易なイラスト

腰が常に反ったような体勢なので腰椎に負担が掛かっているのがわかりますね。

すでに腰が反った状態なので、腰を反らす運動に制限がかかるほか

反った体を支えるために足の前側が張って硬くなり、

バランスを保つために頭が前に出て猫背になりやすいです。

男性よりは女性に多いですね。

比較的若い年代。小学生なんかでもよくみられますが、

オスグッドなどの成長痛と深く関係してきます。

骨盤が前傾している状態で発生しやすいと感じるのは

腰痛・股関節痛・坐骨神経痛・分離症などですね

腰回りはすごく難解で判断に困ることもありますが、

これまでの僕の経験を元に特徴をあげると

  • 前もも・すねが硬い
  • 腰が反れない
  • 猫背

この3つがそろえばほぼ「骨盤前傾」であるといえますね。

セルフチェック

以下の特徴やイラストを元にセルフチェックをしてみましょう。

  • 背中に張りがあり「こる」
  • 前ももが硬くストレッチが辛い
  • すねが硬く、押すと痛い
  • お尻にたるみがある
  • 猫背
  • ストレートネック
  • 巻き肩

骨盤前傾のリスク

骨盤前傾は全身にリスクが発生します

  • 腰椎分離症
  • 坐骨神経痛
  • 股関節痛
  • 膝痛
  • 四十・五十肩
  • 首・頭痛

特に女性に多いということですが、

妊娠中の腰痛や股関節痛、成長期の分離症など

比較的若い世代で「骨盤前傾」が影響した症状が発生しているケースが多いです。

なので、成長期に腰痛を発症した場合や、オスグッドなどがみられる場合には

必ず骨盤のチェックが必要だと考えます。

成長期で、症状が穏やかな場合ケアも改善も簡単ですよ

硬くなった筋肉

冒頭のイラストでわかるかと思いますが、

足の前面・側面、大腰筋、にテンション(張力)がかかりやすく、背中には拘縮がでますね。

この部分への張力は成長期の、特に「オスグッド」の原因になります。

特に跳ねるように走る子供には骨盤前傾の兆候がありますね。

オスグッドとは?そのリスクと対策
オスグッドの主な原因は急成長による筋肉の張力増加。 体の使い方を間違っている。骨盤の前傾。 この3つ。

大腰筋は骨盤内部を走行する、足を持ち上げる時などに使う筋肉。

異常があると股関節痛、腰痛、膝痛の原因になります。

背中は広背筋や僧帽筋。この部分に拘縮が働くとひどい肩こりが発生します。

緩んだ・弱った筋肉

反面。足の裏側、内側、おしり、お腹、胸は緩みやすいです。

骨盤後傾とはほぼ逆ですね。

「骨盤後傾」とは?そのリスクと対策
骨盤後傾は膝・腰に負担がかかりやすく背骨の変形、O脚、X脚などの原因になります。 早めに対処しておきましょう。

張力が働かない緩んだ筋肉たちはというと、

筋力の低下が進むかアンバランスを生み出すかのどちらかです。

足の裏側の筋肉といえばハムストリングス。

前屈みや、特に踏み込みをするときに膝を安定させる筋肉です。

膝の力がガクッと抜けるときにはこの筋肉の働きに疑いがあります。

内側の筋肉は内転筋群。骨盤と股関節、膝を安定させる筋肉です。

緩むと内股、ガニ股の原因になります。

おしりは女性だと、「ピーマン尻」とかよくいいますね。

筋肉の下垂や減少が原因ですが、坐骨神経痛が発生しやすくなります。

お腹は腹筋ですね。

下腹が出てくる。ぎっくり腰のリスクが上がるなどします。

胸は胸筋群や肩の筋肉。

これはちょっと例外ですが、普段使いでどんどん前に出ていくので、

背筋の拘縮と胸側の張力とが引っ張りあってガチガチになります。

効果的なストレッチはある?

骨盤の前傾を矯正するには、

緩んでいる側の強化と張っている側のストレッチを両方。

辛抱強く行わなければいけません。

ストレッチすべき部位は前もも・大腰筋・背中・胸ですね。

こちらの動画がおすすめです。

全部出来ないという方は最初の腹筋運動だけでもすごく効果がでますよ!

予防はできるの?

予防には筋肉の維持・強化が必須です。

特にハムストリングス・お尻・腹筋は外せません。

以下はシニア向けの動画です。これが難なくできるようでしたらレベルを上げていきましょう。

ここにあげた強化・ストレッチ方法は万能ではありません。

個人によってできないもの、やらない方がいいものがあります。

実践する際はプロのアドバイスを受けてからが好ましいです。

やってはいけないストレッチ!?

ストレッチや運動は何でもかんでも取り入れればいいものではありません。

よけいに悪化させたり全く効果がなかったりするんですね。

猫背だからといって腰を反らすような運動をすると、逆にひどく痛めたりします。

実際身体を痛めている方が行うにはやはり、

個別にプロのアドバイスが必要だと思います。

やってはいけないこと
ストレッチや運動は何でもかんでも取り入れればいいものではありません。 よけいに悪化させたり全く効果がなかったりするんですね。 実際身体を痛めている方が行うにはきちんと個別にプロのアドバイスが必要だと思うんです。

まとめ

いろいろな整体や矯正術がありますが、施術自体には確かな効果があります。

しかし、骨盤矯正は簡単にはいきません。

その効力を維持するのはご自身のセルフケアです。

施術後は確かに矯正されていてベストな状態です。ですが、

おすすめしたセルフケアをしなければ

早ければ翌日、長くても4〜5日で元にもどります。

たとえ違和感や痛みがなくなったとしても矯正の力は

ご自身の生活習慣の力にかないません。

ここにあげたセルフケアを根気強く行っていただければ嬉しく思います

最後までご覧いただき感謝します。

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP