間欠性跛行 (かんけつせいはこう)

筋骨格の歪み

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「間欠性跛行 (かんけつせいはこう)」についてのお話です。

  • 歩いているとお尻のあたりが痛くなる。
  • 痺れてくるなどして歩けなくなる
  • 座るなどして休めばまた歩き出せる。
  • 歩き出すとまた痛くなる

このような状態を、「間欠性跛行 (かんけつせいはこう)」といいます。

僕の考えを書き止めておきます。

症状と原因

一般に医学会では

動脈硬化による「閉塞性動脈硬化症」

脊柱管の神経圧迫による「腰部脊柱管狭窄症」があるとされています。

閉塞性動脈硬化症の場合、ひどいむくみと冷えが特徴ですね。

腰部脊柱管狭窄症の場合は歩くまでもなく、たってるだけで限界。ということが多いです。

実際僕のところにくるお客さんの症状とてらしあわせると、

坐骨神経障害。とくに梨状筋症候群を合わせて拗らせていることがほとんどですね。

【梨状筋症候群】坐骨神経痛の原因の8割は「梨状筋」だった
坐骨神経痛の方の8〜9割はこの梨状筋症候群ですね。 腰やお尻周りの痛み・違和感、とくに坐骨神経痛は ほぼほぼこの梨状筋が関与していると僕は考えています。

当院の考え

どの場合でもまず、症状自体を手技でおさめ、その後はセルフケアをしていただきます。

痛みがあるかぎり運動できませんからね!

ねじれた体を真っ直ぐに立て直し、

症状の原因になっている部分を解放します。

姿勢を矯正

痛み自体を改善するのは難しくありません。

ただ、動脈硬化の原因である

高血圧・糖尿病・喫煙など、生活習慣の見直しは必要ですね。

狭窄症の場合は骨盤の矯正と筋肉強化で症状の悪化を防ぐようにします。

施術について

間欠性跛行は歩けるようになったからもうこなくていいよ。

というわけにはいきません。

定期的な矯正とセルフケアの指導が必須です。

その都度、ストレッチと運動時に気を付けることを提案しています。

その方が予防に効果的なんですね。

症状によって危険なものもあるので、ストレッチの提案は個別に行います。

まとめ

今回は間欠性跛行についてでした。

間欠性跛行の相談で多いのが

「団体でのイベントに参加したいが、ついていけるか不安」というものです。

よく分かります。ですが、不安や心配はいいりません。

お気軽に相談してください。

最後までご覧いただき感謝します。

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP