膝裏の詰まった感じ

筋骨格の歪み

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「膝裏の詰まった感じ」についてのお話です。

膝裏の、特に外側が正座する時に、つまる感じがして痛い

という方が非常に多いです。

これは関節が悪いんではなくて、

坐骨神経障害によるものが多いんですね。

それを今回は書き止めておきたいと思います。

痛みの位置

膝裏の外側。赤丸部分が詰まった感じがして正座ができない。

膝裏以外の赤丸にも違和感があれば坐骨神経痛で間違いない

痛みの根本

全ての痛みの根本は膝ではなくお尻と腰周りだと考えています。

この部分は骨盤後傾による関節変形(O・X脚)はもちろんですが、

特に坐骨神経障害が関係していることが多く

お尻付近の施術で良い結果が得られています。

坐骨神経痛
「坐骨神経痛」の記事一覧です。
【お尻】坐骨神経障害によるむくみ・冷え
実際僕のところに来られる方を施術すると 坐骨神経圧迫が由来のものが多くみられます。

当院の対応

僕は膝周りをガシガシ施術することはありません。

膝関節は被害者として、複数いる容疑者を洗い出して改善していきます。

神経ルートを妨害している筋肉を刺激。または直接移動させて

坐骨神経のルートを確保します。

セルフケアは骨盤の矯正とお尻の筋肉群のケアがメインになります。

まとめ

今回は「膝裏の詰まった感じ」についてでした。

この症状は関節に異常がない場合には比較的早期に解決できるので、お気軽にご相談ください。

最後までご覧いただき感謝します。

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP