「膝の内側」の痛み。原因はどこにある?

膝の痛み

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「膝の内側の痛み」についてのお話です。

  • 膝の内側が痛い
  • 痛みで膝を曲げられない
  • 杖・サポーターなしでは不安
  • 膝の痛みの原因って何?
  • 右に発症したら左も発症するの?
  • マッサージしてもいい?
  • 効果的なツボはある?
  • どんなストレッチが効果的?
  • ヒアルロン酸、湿布って効果ある?痛み止め?
  • 痛みはいつおさまる?

こんなお悩みや疑問を抱えている方のためのお話です。

膝の痛みはヒアルロン酸や湿布薬で治ると思っていませんか?

病院で「年寄り病」「痩せなさい」と言われて、真に受けていませんか?

原因は膝関節にあると思っていませんか?

実は特に内側の膝痛は年寄り病でも体重からくるものでもありません。

ヒアルロン酸も効果はありません。

なぜなら膝の痛みの原因が膝関節だけではなく、姿勢や全身のバランスが原因になっていて、

全身を整えることで早期改善・再発防止が可能だからです。

といっても、ヒアルロン酸の注射は一時的な効果(変形が末期なら効果なし)しかなく、

市販のサプリに医学的な根拠がないことはたくさんのメディアで報道されているのでご存知かと思います。

日本整形外科学会
日本整形外科学会のホームページです。

結局のところ関節の変形をおさめないと痛みから解放されることはないんですね。

ということでこの記事では膝の内側の痛みの早期改善方法と再発防止に必要な症状の原因・メカニズムを徹底解説していきます。

この記事を読めば

  • すでに痛みがある方は最善策が分かる
  • 症状が軽いのであれば自力での改善ができる
  • 症状が治っている方、これから不安だという方なら再発防止策が分かる

こういった内容になっています。

結論としては

「膝痛の改善には膝関節ではなく、骨盤と歩き方を整えることで自力での改善が可能だ」

ということが書いてあります。

ちょっと長いですがよろしければご覧ください。

痛みの位置・種類による分類

「膝の外側の痛み」と同様に、僕は膝の痛みをその部分によって大まかに筋肉・骨・神経の3つの原因に分類しています。

「膝の外側」の痛み。原因はどこにある?
膝の痛みは関節内部が原因ということでは必ずしもありません。 むしろお尻から上のバランスが崩れていることのほうが多いです。

膝の内側の痛みも場所によって原因が分かれ、原因が違えば対処法も違ってきます。

  • 痛みの種類による分類
    • 圧痛・鈍痛は筋肉や関節の異常
    • ピリッとする痛みは神経痛
  • 痛みの位置による分類
    • 関節の上
    • 関節の下
    • 関節部分

膝の上の部分は筋肉が変形していることが多いです。

下の部分はピンポイントな場合は神経痛ですね。

関節部分はほぼ関節の変形が原因です。

痛みの根本

全ての痛みの根本は膝ではなくお尻と腰周りだと考えています。

僕は内側の場合特に腸腰筋内転筋群を疑います。

主な筋肉

膝が先か、骨盤が先かは意見が分かれるところですが

膝の施術や手術のみだと根本が解決しない場合が多いです。

僕は膝関節の手術の成功率は100%に近いものだと思うんですね。

僕なんかよりはるかに頭のいい人がその頭をひねりにひねって、本気で研究している技術なんです。

ではなぜ、失敗するのか?というと

そもそも膝が変性した原因を取り除いていないからなんですね。

腸腰筋や内転筋群は膝の安定に欠かせない筋肉です。

衰えてくるとそれだけ関節が安定せず、ふとしたきっかけですっかり痛めてしまいます。

なので膝だけよくしてもだめなんですね。

筋力の強化と姿勢の矯正を一緒にしておかないと

手術で真っ直ぐしても時間と共にまた曲がり始めるか、痛みが出るかになります。

骨盤前傾・後傾がもたらす変形性膝関節症
変形性膝関節症の主な原因は加齢・過重とされていて 膝の、特に内側の軟骨が摩耗した内側方変形性膝関節症が最も多いケースです。

当院の見地

まずはこちらの画像をご覧ください。

特に歩行時は膝に黄色い線のような負担がかかります。

ガニ股の場合、歩行時に膝の内側に強い圧迫が生まれるのが分かるかと思います。

この状態で生活していると膝関節が変形する速度も、すり減る速度も上がります。

なので、この膝の角度を正常に持っていく。

これが膝の関節痛を改善させる一番の方法です。

そして、このガニ股・O脚の主な原因は「骨盤後傾」です。

こういった理由から、姿勢を矯正しておかなければ、左に症状が出ると右にもでる。

いつまで経っても良くならない。手術してもまた痛みが出てきた。こんな現象が起こります。

膝痛を根本治療しようと思うのであれば、痛みがないからお終い。

ではなく、姿勢の矯正までして、膝の角度を正しておくことが後々のためになるのでそこまできちんと治療しておきましょう。

ストレッチ

大切なこと

僕は膝周りをガシガシ施術することはありません。

膝関節は被害者として、複数いる容疑者を洗い出して改善していきます。

骨格の矯正やバランスの調整は一時的な効果はありますが、

やはり、セルフケアが重要です。

の施術よりセルフケアです。

腸腰筋や腿の内側の筋肉は意識して強化しないと、

普段の生活ではほとんど使いません。どんどん弱っていきます。

僕がお手伝いするのは、姿勢からどんな角度で膝に圧力がかかっているか考えて全身を調整し、

稼働範囲を広げてセルフケアや、できそうな運動を提案することです。

注意:以下の全ての運動において足を真っ直ぐ、並行にして行うこと

以下にあげたストレッチに加えてウォーキングなどの軽い運動をお勧めします。

高齢・膝の痛みが強い方

背伸びと爪先立ちの運動です。痛みが強い場合は無理しません。

膝痛みがある・ガニ股・O脚の気になる方

脚部の矯正には後ろのもものストレッチが欠かせません。

上記の運動に追加して以下のストレッチを行いましょう。

膝に痛みがある場合は寝て行うことをおすすめしています。

腿裏のストレッチ

骨盤・背中のストレッチ

膝最近ちょっと痛いな〜くらいの方

まだまだ変形が少ないうちからストレッチを行うことで今後のリスクを大幅に減少することができます。

腿裏のストレッチ

腿前のストレッチ

お尻のストレッチ

湿布・痛み止め・サプリの使い方

非常に多いのはベッタベタに湿布薬を貼っているケースですね。

気持ちはわかりますが、湿布薬では治りません。

痛み止めの成分が入っているので楽になった感じがしますが、使用をずっと続けるということは関節を削りながら、症状を誤魔化して生活していくことになります。

痛み止めも同様に、悪くなっても良くはなりません。

一時的に楽な方を選ぶと後が大変です。

サプリメントは本当に気持ちです。

本当にいいものなら厚労省がお薬として認可し流通しているはずです。

栄養の補助にするにしてもタンパク質と野菜、水分を多めに摂取する方が効率的です。

高いサプリよりも、何よりもより水です。

【スポーツ・生活】年齢を重ねると、なぜ節々に痛みが出るのか?
水は細胞の活性や細胞同士の連携、神経の伝達などに必ず必要なもので、 一定量を確保しておかないと人体を不都合なく動かすことができません。

まとめ

今回は「膝の内側の痛み」についてでした。

膝の内側は特に、筋肉の減少と骨格の歪みによる影響を受けやすい部分ですね。

関節が押し潰される前に足を真っ直ぐ、並行にして歩く癖をつけていただきたいです。

真っ直ぐ歩きさえすれば膝は関節がすり減ることなく長持ちます。

1ヶ月ほど意識して生活すると見違えて良くなりますよ!

最後までご覧いただき感謝します!

追伸

膝の内側が痛い方は以下のセルフチェックをしてみてはいかがでしょうか?

女性に多い[骨盤前傾]とは?そのリスクと対策
「朝起きた時腰が痛い」っていうことはないでしょうか? この場合。骨盤が前傾になっている可能性大です。 この記事ではそんな腰痛に対してのストレッチと運動を紹介しています。

ご質問などありましたらメール・コメント下さい!

いただいたメール・コメントには全て目を通し、返信しています。

迷惑メールに振り分けられることもあるようです。

必ずお返ししていますのでおかしいなと思ったら確認してみてください。

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP