腱固定作用・テノデーシスアクション

スポーツ障害

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「腱固定作用・テノデーシスアクション」についてのお話です。

この働きについては実際に体験してもらうとよく分かります。

手を軽く握った状態で手首を屈曲すると

指が開く(伸びる)力が発生します。

反対に、背屈すると指が閉じる(曲がる)力が発生しますね。

この現象を「腱固定作用・テノデーシスアクション」といいます。

  • 原理
    • 屈曲時は指の伸筋が伸ばされて張力が発生するため
    • 背屈時は指の屈筋が伸ばされて張力が発生するため

この作用を利用するのが、よくいう「手首のスナップを効かせる」というものですね。

赤い方に手首を曲げると青い方向に力が生まれます。

背屈すると指が曲がる力(黄色)が加わりますよね。

掌屈(手のひら側に曲げること)

すると指が伸びる力(黄色)が加わりますよね。

野球の投球時やゴルフ・ダーツなんかで活躍する作用です。

ただこの作用も長期間にわたって発生させていると

腱に負担がかかり故障の原因になります。

テニス肘
テニス肘といっても、僕のところでは最近だと パソコンでの打ち込み業務で発症した割合のほうが多いですね。

何事も限度が大事ですね。

最後までご覧いただき感謝します!

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP