外反母趾

足の痛み

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「外反母趾」についてのお話です。

外反母趾は本来「無症状性」の変形です。

つまり変形はあるが、痛みはない。というものですね。

なので、痛まないうちの施術は変形を直ちに矯正するというよりも、

外反母趾になった要因を潰していき「変形をくいとめる」ことを優先します。

要因をつぶしていく過程で、自然と変形が穏やかになっていくので、

気長に対応する必要がありますが、余程角度がきついものでなければ矯正できないものではありません。

外反母趾の原因と症状

外反母趾は直接的には足裏の腱が母子を捻るように引っ張ることで発生します。

この時変形するのがMTP関節です。

このように関節にたくさん神経があります。

これを潰すまでに変形が進むと足底に痛みが、

そこまでいかなくとも側面と靴との摩擦で痛みが発生します。

この関節部分に付着する筋肉を見てみると、MTP関節にはたくさんの筋肉が付着していることがわかります。

第一中足骨(足の甲の骨)は足首が不安定な場合(例えば爪先立ちなど)

内反(母趾が内側にねじれ込む)しやすくなります。

親指に体重が乗っかって踏ん張るからですね。

この時母趾外転筋は短縮し、母趾内転筋は伸長します。実際に手で捻ると外反することがわかります。

分かりづらくてごめんなさい

この状態で荷重すると母趾外転筋がさらに短縮し、外反する力が強くなります。

外反が進むとこの母趾外転筋の起始が足底に移動して、今度は母趾内転筋が基節骨を内に引っ張る力が発生し、さらに外反が進みます。

足裏の筋肉は爪先に力を入れると強く働くと言いました。

このことから、ハイヒールなどの靴は自重も加わり、高速で変形が進行していきます。

骨盤の歪みとの関係

爪先に力が入ると変形が進行する。ということは、

骨盤前傾では外反母趾になりやすいということがいえますね。

重心が前にずれているからです。

女性に多い[骨盤前傾]とは?そのリスクと対策
「朝起きた時腰が痛い」っていうことはないでしょうか? この場合。骨盤が前傾になっている可能性大です。 この記事ではそんな腰痛に対してのストレッチと運動を紹介しています。

骨盤や身体の歪みから発症している場合は、足裏の筋肉を調整するだけでは根本が解決しませし

指の間に何か挟んでも意味ないですし、

足の指でつまむような運動をしても改善しないのは当たり前ですね。

こういったことをする前に、骨盤を矯正してから重心を正しい位置に戻し、

脚の筋肉の緊張部分を緩めた上で、上記のような対策をとらなければほぼ意味がないんですね。

逆に重心や筋肉の状態が正常であればセルフケアの効果は抜群です。

施術について

まずは重心をととのえるために骨盤を矯正します。

骨盤の矯正はストレッチと運動指導でセルフケアでの矯正をしていただきます。

手技でガシガシボキボキはしません。

セルフケアが続かないという人もいますが、手技でどうにかするよりも施術の効果が持続するようになります。

とにかくセルフケアを頑張ってください。

重心を整えると同時に脚の筋肉の緊張をとりのぞき、程よい良い張力の効いた状態に調整します。

この施術は少し痛みます。

足裏に関係する歪みを取り除けば、余程角度がついていない限り

自重をかけるだけで改善していきます。

まとめ

以上、「外反母趾」でした。

痛みがないことがほとんどですが、

少しでも外反母趾気味。ということは、骨盤前傾の可能性が高いです。

どちらかといえばその歪みで外反母趾になった、

足や腰のトラブルに繋がっている。と考えています。

骨盤前傾は歩くたびに腰をハンマーで叩いている状況だと考えています。

腰に大変な負荷がかかっている状態ですね。

早めに対処していただければ、と思います。

最後までご覧いただき感謝します!

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP