ランナー膝(腸脛靭帯炎)

スポーツ障害

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「ランナー膝(腸脛靭帯炎)」についてのお話です。

ランニング障害の一つでおなじみですが、

痛みが広範囲で再発しやすいのが特徴。

腸脛靭帯は非常に大きく、マッサージに痛みを伴い、

ストレッチが難しい部位でセルフケアの難敵です。

放置は慢性的な膝痛につながるので、的確に処置しておきたいところです。

腸脛靭帯とは

腸脛靭帯は太腿の外側にある靭帯です。

大きな靭帯が小さな脛骨粗面の外側(膝の外側のぽこっと出た部分)とお皿に付着していて

そこに負担がかからないわけはないだろいう。という構造をしています。

腿の横を押すとかなり硬い組織であることがわかりますが、

この強度で股間節や膝関節の安定を保っています。

ない場合を想定すると、股関節は抜けてしまい

膝は内側か外側に折れて外れてしまいますね。

痛みの発生原因

痛みを訴える場所で特に多いのは脛骨粗面の外側です。

これぞ、「ランナー膝」ですね。

膝の曲げ伸ばしでは常に靭帯同士の摩擦と、

脛骨粗面への張力が発生しますね。

この摩擦で靭帯と骨の間にある脂肪体(神経や血管の通った脂肪組織)が

炎症をおこして痛みが発生していると言われていて、

慢性化した膝痛の方はこの脂肪体部分が肥大していることがよくみられます。

脂肪体

痛みに関与するその他の筋肉

腸脛靭帯はその大きさや特殊な形状から腿や臀筋の緊張の影響を受けやすい靭帯です。

大腿筋膜の側面で最も硬く、厚くなっている部分を腸脛靭帯と呼びますが、

臀筋膜、大腿筋膜張筋と繋がっていて一つの大きな筋膜といえますね。

なので腸脛靭帯の緊張にはお尻と腿の筋肉が深く関わってきます。

腸脛靭帯の緊張を緩めるには臀筋と腿の筋肉を緩める必要があることが分かりますね。

ランナーの方は日頃からお尻のストレッチを徹底して行って下さいね。

施術について

痛みがある場合は腸脛靭帯部分へのストレッチの効果は期待できません。

個人によって問題のある部分が違いますが、

骨盤前傾の方はお尻と腿をメインに、

骨盤後傾の場合はお尻と腿裏をメインに

緊張をほどきつつストレッチをかけていきます。

脂肪体にかかる圧を解いていく作業ですね。

痛みが和らいできたら練習に復帰する前に必ずフォームチェックを入念に行ってください。

  • フォームの悪さで痛めやすくなる箇所
    • 膝や足先が開き気味であれば内側の靭帯
    • 閉じ気味では外側の靭帯

ストレッチ

お尻のストレッチは必ず行う

股関節のストレッチ

腿裏のストレッチ

まとめ

以上、「ランナー膝(腸脛靭帯炎)」でした。

陸上競技で怪我をされる方に最も多いのが

お尻のストレッチ不足です。

アキレス腱やふくらはぎといった筋肉はよくストレッチするのに

お尻はいい加減にしているところをよく見ます。

僕としてはアキレス腱よりふくらはぎより

お尻のストレッチに重きを置いていただきたいと思います。

【坐骨神経痛とスポーツ障害】お尻の痛み・ケツワレ
その原因の多くがフォームの悪さです。 最初に言っておきますね。 正しいフォーム抜きでケツワレからは逃れられません。

最後までご覧いただき感謝します。

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP