テニス肘

スポーツ障害

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「テニス肘」についてのお話です。

テニスしないのにテニス肘。

最近パソコンを長時間使用する方にも多いこの症状ですが、

「上腕骨外側上顆炎」と呼ばれ、

肘の外側から前腕にかけての痛みと

力が入らないなどの脱力や痺れを伴う症状がある疾患です。

テニスプレーヤーのおよそ半数が経験したことがあると言われています。

僕のところでは最近だと

パソコンでの打ち込み業務で発症した割合のほうが多いですね。

痛みとその原因

テニス肘で痛む部分は前腕伸筋群の特に肘側ですね。

この筋肉は手首を起こす(背屈)動作で使う筋肉です。

テニスだとバックハンドストロークのときに手首が曲がらないように支える筋肉ですね。

細かい筋肉が多い

テニスはボールを受け止める部分が遠いために

この筋肉の起始部に強烈な負担がかかることが分かります。

脇が開くとさらに危ない

一方でパソコン作業ではこの部分に「腱固定作用」が働きます。

この「腱固定作用」は筋肉の緊張状態が長時間続くと起こる作用のことです。

腱固定作用・テノデーシスアクション
この作用を利用するのが、よくいう 「手首のスナップを効かせる」というものですね。 野球の投球時やダーツなんかで活躍する作用です。

タイピング動作時では手首を起こす(背屈)動作が長時間続くため

この作用が働き、腱が硬くなります。

うまく伸び縮みできなくなったそのスジが神経に触れたり、

炎症を起こしたりして肘に痛みがでてしまうんですね。

特に橈骨神経は筋肉を縫うようにはしっているので、

硬くなった筋肉に挟まれたりしたらそりゃ痛いです。

対応と対策

テニスが原因であればまず筋肉を休めることです。

痛みがある状態でプレーを続けると

靭帯と腱との間にあるクッション(滑液胞)が摩擦で傷ついて悪化します。

休養中は筋肉の緊張を緩めるためのリラクセーションを優先し

上腕骨外側上顆部分のストレスを考えストレッチは控えめにします。

痛みが引いても

すぐにプレーを再開せず前腕のサポートを行う

上腕、背中、体幹のトレーニングから行うことがベストです。

フォームで言うとラケットがボールを拾う位置が

体から離れすぎていないか工夫できるといいですね。

パソコンが原因である場合も筋肉の緊張をとることが優先ですが、

パソコンの使い方や姿勢に問題があります。

パソコンが低い位置にあるとより手首を起こした状態で作業することになります。

高すぎるとか肩まわりに腱固定作用が働いてしまいます。

椅子の高さをこまめに調整もしくは

タイマーをセットして一定時間で強制的にストレッチするといいですね。

痛みがひどい時はテニス肘用の縦型マウスがおすすめです。

検索してみて下さい!

解剖学に基づいた施術

上記の理由から施術の際に狙いとするのは

上腕の伸筋群です。

腱の起始は指先に伸びているので指先から緩めていきます。

サポートする筋肉も見ていきますが、この際に合わせて姿勢を矯正します。

テニス、パソコンどちらともにいえることですが、

特に骨盤後傾や巻き肩の方はサポートする筋肉がうまく働かない姿勢なので

後に再発するおそれが高いです。

まとめ

以上「テニス肘」についてでした。

痛めたのは強い衝撃が加わった。というのは要因で、

そもそも体の使いかたや姿勢が悪く、

負担をかけやすかった。というのが原因の可能性が高いです。

テニスであれば疲れたときに無理やりな形で打ち返していないか?

パソコンであれば肩や頭が前に出ていないか?

発症をきっかけに、フォームや姿勢を見直していただければ

怪我の功名というものでしょう。

最後までご覧いただき感謝します!

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP