サッカーの膝痛

スポーツ障害

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「サッカーの膝痛」についてのお話です。

日本人はO脚が多く、男性は特にその傾向が強いのですが、

O脚、つまりガニ股は膝に爆弾を抱えている状態です

サッカーに多いのは内側の膝痛ですが、ほぼこのガニ股が影響しています。

心当たりのある方はこの記事を読んだらすぐにフォームを改めて下さい!

痛み絶対よくなるので!

サッカーの股関節痛
サッカーで体を痛める方に特に多いのが股関節痛です。 これは鼠蹊部痛症候群(グロインペイン症候群)と言われ 子供から大人まで誰でもなりうる疾患です。

原因

様々な要因がありますが、僕は整体師ということで、

骨盤の歪みが関係する膝痛をピックアップしました。

骨盤後傾型

内側の膝の痛み

内側を痛めている場合のほとんどがガニ股でのプレーが多い人です。

骨盤後傾方ですね。この状態でのプレーは

常に内側の膝関節に負荷がかかり

膝どころか股関節まで痛めてしまいます。

強くボールを蹴るときには

おへそ、膝のお皿、足首が同じ方向をを向くのが好ましいですね。

そうすると無駄な方向へ力が逃げずにボールに力が加わるため

目的方向へ強いボールが蹴られ、関節も痛めずに済みます。

膝後ろ側の痛み

骨盤後傾では重心が後方にあり、ハムストリングスが硬くなりやすいです。

「骨盤後傾」とは?そのリスクと対策
骨盤後傾は膝・腰に負担がかかりやすく背骨の変形、O脚、X脚などの原因になります。 早めに対処しておきましょう。

この筋肉の緊張は膝関節の付着部を常に引っ張るため、

脚をつりやすくなります。

サッカーは特にハムストを使うのでしっかりと柔軟性を確保しておきたいですね。

骨盤前傾型

外側の痛み

外側を痛めている場合はこのタイプ。

骨盤前傾方ですね。この場合

お尻、腰に負担がかかり

放置すると膝・腰に深刻な症状がでます。

ランナー膝(腸脛靭帯炎)
ランニング障害の一つでおなじみですが、 痛みが広範囲で再発しやすいのが特徴。
【腰椎分離症・思春期分離症】発症前から競技復帰までにすべきこと
腰椎分離症は主にスポーツなどの場面で 腰を曲げる、そらす、捻る運動を繰り返していると発症する疲労骨折です。
膝前側の痛み

骨盤前傾では腰が反るため大腿四頭筋が引き延ばされ

膝関節の前・横側の付着部に常に張力が発生します。

オスグッドもこの現象から起こります。

オスグッドとは?そのリスクと対策
オスグッドの主な原因は急成長による筋肉の張力増加。 体の使い方を間違っている。骨盤の前傾。 この3つ。

セルフチェック

骨盤の歪みと股関節の開きはある程度自分で把握しておいていただきたいので、

簡単なセルフチェック方法を記しておきます。

仰向けに寝て背中に手が入るほど隙間があれば骨盤前傾タイプ。

隙間が狭く足の角度が開いていれば骨盤後傾タイプです。

足が開いてかつ背中に隙間がある場合。

またはその逆は判断をプロに任せて下さい。

全身ガッチガチタイプです。すごく危険です。

施術について

膝の痛みは置いといて、

まず骨盤と膝の角度を矯正していただきます。

本人に症状と歪みを自覚してもらい、

僕が緊張した筋肉を緩めた後で

セルフケアをメインに行ってもらいます。

歪みを矯正すると確実に痛みは軽減するので、その後に

ストレッチと筋肉強化をしていただきます。

歪みを正したところでフォームがおかしければ何の意味もありません。

復帰する前にフォームを徹底して見直していきましょう。

そうすれば必ず痛みは取れます。

まとめ

今回は「サッカーの膝痛」についてでした。

学生の現役生活は本当に短いです。

その短いなかで怪我をすると焦りもあって無理をします。

僕のお客さんの7~8割が学生時のスポーツ障害を引きずっている方です。

その「無理」をした方たちです。

そうならないためにも自分の体について

しっかり理解していただきたいと思います。

分かっていれば全力でプレーしても怪我なんてしないですから。

最後までご覧いただき感謝します。

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP