【脊柱管狭窄症】施術例

お客様の声・施術例

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「脊柱管狭窄症の施術例」です。

坐骨神経痛にはいろいろな種類・ケースがありますが、

今回のケースは「姿勢の歪み」から発生した

痺れの強いタイプのお話です。

症状

  • 腰とお尻に痛みがある
  • 足に痺れがあり何か踏んでいる感じがする
  • 午前中はいいが午後からは痛みが強い
  • 歩くと痛くなり休まないと進めない(間歇性跛行)
  • 体をねじるのは問題ない

よくあるケース

脊柱管狭窄症でお悩みのほとんどの方は

体が右に傾いてしまっています。

これは利き腕、利き足が右の方が多いからですが、

そうすることで背骨に狭窄(狭まること)が発生するんですね。

手術ではこの狭まった部分に隙間をつくるんですが、

そもそも体軸がまっすぐでないので再発の可能性が高く、

手術で得られる効果とリハビリテーションで得られる効果に違いもなく

日本の医療ガイドラインでは

手術は根本の治療にならないという意見なんです。

日本内科学会雑誌のページ↗︎

施術

もう一度体の傾きをみて下さい。

赤い矢印の部分に狭窄がありますね。

通常こういう場所には狭窄を支えるために

筋肉組織でできたシコリが発生しています。

このシコリがある部分は

無理に引っ張ったり、捻ったりすると余計に悪いので

傾いた体を支えているその他の筋肉を緩め、ストレッチをかけていきます。

全身のバランスを整えることで、体軸を立て直すことができるので

結果的に狭窄部分の圧力が抜け、症状が改善します。

ストレッチ・運動

脊柱管狭窄症は症状の幅が広く、

個人に合わせたストレッチ・運動の指導が必要です。

やってはいけない動きなどもあるので、

迂闊にテレビやっていたからという理由で手を出してしまい

悪化させてしまったケースが後を経ちません。

なので、ストレッチに関しては申し訳ないのですが、

ここでの紹介は控えさせていただきます。

運動は「ノルディックウォーキング」がベストで怪我も少ないです。

ウォーキングポールの高さは

ついた時に肘が90度になるようにという一応の基準がありますが、

90度より上だと確かに使いづらさがあるなと思います。

長さによって間歇性跛行の症状に幅が出るようです。

好みに合わせて使用して下さい。

追伸

ご質問などありましたらメール・コメント下さい!

いただいたメール・コメントには全て目を通し、返信していますが

3日以内に必ずお返ししていますのでお待ちください!

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP