【坐骨神経痛】施術例

お客様の声・施術例

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「坐骨神経痛の施術例」です。

坐骨神経痛にはいろいろな種類・ケースがありますが、

今回のケースは「姿勢の歪み」から発生した

痛みの強いタイプのお話です。

症状

70代女性。お仕事は事務関係をされていました。

  • お尻から腿裏に強烈な痛み
  • 真っ直ぐ体を立てられない。
  • 痛みが強く眠れないことも
  • 痛みの発生から時間があり、諦めかけている
  • どういうふうに動いたって痛くなる

坐骨神経痛の原因

坐骨神経痛の原因については以下の記事で詳細を書いています。

【坐骨神経痛の症状と原因】お尻・脚の違和感
筋肉が神経を挟むとその神経のライン上で痛みや違和感。痺れ、冷えなどを感じるようになります。

今回のケースも骨盤後傾から発生したものでしたが、

骨盤後傾でも発症しない方ももちろんいらっしゃいます。

では、なぜこれほど強い痛みを伴ったかというと、

「姿勢の歪み」があったからです。

もう一度画像をみてください。

施術前は重心が中心軸より後ろで、

お尻や腿裏に負担がかかりやすくなっていますね。

硬くなったお尻の筋肉が

坐骨神経を圧迫していました。

施術

姿勢は急には変わりません。

なので何よりも先に痛みを取り除くことを優先します。

お尻やもも裏の深い部分の筋肉を緩めることで、

坐骨神経を直接刺激している部分を解放します。

梨状筋や上双子筋・内閉鎖筋などが

もっとも坐骨神経を圧迫しやすい筋肉です。

痛みが取れてから、再発防止のための

姿勢を整えるための施術を行います。

ストレッチ

坐骨神経痛の予防や改善には

お尻のストレッチが欠かせません。

ということで、おすすめのストレッチを紹介します。

膝に痛みや変形がある人はやめてくださいね。

お尻のストレッチは数種類ありますが、

膝や股関節を痛めるものもあるので

無理のない範囲で行いましょう。

追伸

ご質問などありましたらメール・コメント下さい!

いただいたメール・コメントには全て目を通し、返信しています。

迷惑メールに振り分けられることもあるようです。

必ずお返ししていますのでおかしいなと思ったら

確認してみてください。

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP