【坐骨神経痛の症状と原因】お尻・脚の違和感

初めての方へ

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「坐骨神経痛の原因と症状」についてのお話です。

  • お尻と腰が痛い
  • 少し歩くとお尻に痛みが出る
  • 膝の外側が痛い
  • 足が常に痺れた感じがする
  • この強烈な痛みはいったいなんなんだ?
  • なんでこんなに痛い・痺れるの?
  • これって座骨神経痛なんだろうか?
  • ちょっとしたストレッチが知りたい。

こんなお悩みや疑問を抱えている方のためのお話です。

あなたは闇雲なストレッチやお薬で症状を抑えていませんか?

TVや本などで見たストレッチをしてるけど全く効果を感じていなかったりしていませんか?

正直、普通にストレッチしても坐骨神経痛は自力で治療することは出来ません。

坐骨神経痛を治療する上で最初に言っておくべきことがあります。

それは、座骨神経痛のメカニズムを知らないと

治療の効率・期間・再発防止…あらゆる局面において

圧倒的に非効率になる。ということです。

この記事を読めば、およそでも坐骨神経痛の原因が分かります。

記事の最後には座骨神経痛にオススメのストレッチを紹介していますので

この記事を読んで、理解した上でストレッチに取り組んで頂ければ必ず改善します。

もし、坐骨神経痛でお困りなら、まず、試してみて下さい。

施術例

お客様の声

坐骨神経痛の違和感

  • お尻がピリピリする
  • お尻と脚の付け根が痛い。
  • 体を前に倒すと後ろの腿が張る
  • 腰をそらすとお尻がピリッとする

などなど、

比較的軽い坐骨神経痛の症状は様々です。

明確な「痛み」でなくても、これらは神経痛であり、放っておくことのできない症状です。

これらの軽い症状を放っておくと

  • 強烈な痛みで歩けない
  • 数歩歩くと痛みが強く座り込む
  • 立つこともままならない
  • 正座した後のような痺れが続く
  • 膝が痛く正座できない

など、普通に私生活が送れなくなります。

ではなぜこのような症状が発生するのか?

今回は坐骨神経痛の原因で最も多い

お尻の筋肉」に焦点を当てていきますね。

坐骨神経の通路は狭い

坐骨神経は骨盤と靭帯でできた穴を出て脚に繋がっています。

赤い矢印の部分ですね

お尻側から
体前面から

この穴の部分が狭い上に、その神経を挟むような形で筋肉がついています。

梨状筋という筋肉と双子筋という筋肉ですね。

神経を挟み込むような形で筋肉がついているので、

使いすぎで腫れたり、筋力の低下で下がったりすると

文字通り神経を挟むような力が発生します。

そして、挟み込みの程度やその他の様々な原因が重なることで、症状の幅が大きいのが特徴です。

  • ちょっとした違和感
  • 強烈な痛み
  • 足先に何か踏んでいるような感じ
  • 正座した時のような痺れ
  • 膝痛
  • ふくらはぎの肉離れのような痛み
  • 足首の詰まった感じ

などなど、狭窄症や滑り症のような症状とも似通っているため

原因の特定が遅れることもしばしばあります。

筋肉はレントゲンに映らない

坐骨神経痛は筋肉の変形や硬化・下垂などが原因で発症するもので

その狭窄部位や詳細はレントゲンで見ることはもちろんできませんし、

CTやMRIなどでも見ることが出来ません。

そして、現代医学ではまずは「骨」「腰」という考えがあるので

その思い込みから対応が遅れたり、そもそも選択肢の一部にも入らず、原因不明や

手術をしたものの、一向に良くならなかったといった結果につながります。

特に高齢の方の場合、その傾向が強く、「諦める」もしくは気休めの電気治療で経過観察。

というパターンが多いです。

電気治療に関しては医師である私の友人も「気休め」と認めているので

あまり期待せず、その程度のものだと思って下さい。

無意味だとは思いませんが、

私としては治療を諦めている行為だという認識です。

坐骨神経痛に多い原因

  • お尻の筋肉の硬化と変形
  • 骨盤の歪み
  • 脚部の歪み
  • 筋力低下

お尻の筋肉の硬化と変形

坐骨神経を直接「挟む」のがお尻の深い部分の筋肉です。

イラストのようにお尻の深い部分の筋肉は、坐骨神経を挟んだような状態ですね。

股関節を動かす。特に足を広げて踏ん張る時に使われる筋肉です。

使いすぎで腫れた筋肉が坐骨神経を強く挟んでしまうと挟まれた部分に強烈な痛みが発生します。

神経という傷口を洗濯バサミで挟み込むようなイメージです。

陸上競技なんかでよくあるケツワレの症状も坐骨神経痛です。

【坐骨神経痛とスポーツ障害】お尻の痛み・ケツワレ
その原因の多くがフォームの悪さです。 最初に言っておきますね。 正しいフォーム抜きでケツワレからは逃れられません。

強く挟まないケースでもこの神経と筋肉がこすれると瞬間ピリッとした痛みがあったり、

坐骨神経のライン上で違和感や痺れ、冷えなどを感じるようになります。

例えばお尻の筋肉のこり(硬化)や筋力低下のケースがこれですね。

コリや筋力低下だと重りを乗せたようなイメージです。

そんな筋肉の硬化や変形に大きく関わるのが骨盤の歪みです。

骨盤の歪み

坐骨神経痛は骨盤後傾の方に多いです。

この比率は圧倒的です。

これは骨盤が後傾することで神経を圧迫しやすくなる形になってしまうからですね。

先ほど説明した「穴」の部分が狭く、歪むのがお分かりいただけると思います。

さらに、骨盤後継は股関節が開きガニ股になるので

お尻の筋肉が常に収縮する仕様になってしまい

症状が急加速、長期化しやすくなります。

ガニ股・O脚は坐骨神経痛リスクが高い

脚部の歪み

すでにお話したように、ガニ股の人にもやはり、坐骨神経痛は多いです。

足を開いた状態でお仕事をされる板前さんや主婦の方、

農家さんなどに多いのがこのケースです。

膝の外側、ぽこっと出た骨付近に痛みを感じることが多いです。

写真の丸の部分と赤いラインですね。

筋力不足

筋力不足は何も高齢の方だけではありません。

特に多いのが運転が主な仕事の方、事務作業メインの方などですね。

常に重たさや突っ張った感じがし、体を曲げたり反らしたりするとピリッと痛むケースなど

違和感をまず感じることが多いです。

違和感がある内にヒップアップ系の運動をするのが一番です。

筋肉に張りがなくなり、重力に逆らえないほど筋力低下すると

治療は非常に困難になります。

その他

非常に多いのですが、ふくらはぎに症状が発生した場合に

肉離れのような痛みや、ズキズキするといったことがあります。

実は「肉離れ」と診断されていても坐骨神経痛だったというケースが多いです。

  • 肉離れと坐骨神経痛の大きな違い
    • 患部が腫れて熱っぽいのが肉離れ
    • 患部に腫れはなく熱っぽさがないのが坐骨神経痛

混同すると治療にかかる時間が長くなり、それだけ苦痛に悩むことになるので注意が必要です。

今までの経験から言えること

どの原因にしろ、総じて言えるのは

お尻の筋肉が直接の原因の1つであること。

なので、強い痛みがある場合。ともかく症状だけどうにか抑えて、

お尻の筋肉を整える必要があります。

それが終わってから、骨格の矯正をするのがベストです。

坐骨神経痛の再発率は3ヶ月何もしない状態だと当院の場合70%以上です。

逆におすすめするストレッチなどセルフケアをこまめにしていただいている方の再発率は10%程で、

再発したとしてもすぐにおさまります。

なので、セルフケアをしっかり行い。矯正までしてしっかり正しておくことをおすすめします。

セルフケアができるなら、正直僕は必要ありません。

そこを目指していただきます。

基本のストレッチ

症状のない方や違和感を感じられている方におすすめのストレッチです。

背筋を伸ばし、できれば腰を反らすようにするとより効果が高くなります。

逆に背筋を曲げるとお尻に効かせることができません。

体が硬くて出来ない人は座ったバージョンです。

これも背筋を伸ばして下さい。

膝が痛い場合やその他の部位を痛めている方はしないで下さい。

症状に合わせたストレッチが必要です。

それだけかい!と思われるかもしれませんが

症状と、その原因になっている筋肉を意識的にストレッチするだけで治療効果は段違いです。

  • なぜこのストレッチするのか?
  • 効かせたい筋肉はどこか?
  • 効いている筋肉はどこか?

どんな症状でもこの3つを考えてから実践して下さいね。

まとめ

坐骨神経痛はほとんどの場合お尻の筋肉が悪さをしています。

症状も腰・お尻・脚・膝・足首・足裏などさまざまです。

骨や腰からくるとか、高齢だからといって諦めるのは早いです。

若い方でふくらはぎが痛い、足がむくむ、肉離れと診断された。

こんな場合でも坐骨神経痛の可能性があります。

そういった場合にも、お尻の筋肉にぜひ注目してみて下さい。

最後までご覧いただき感謝します。

追伸

ご質問などありましたらメール・コメント下さい!

いただいたメール・コメントには全て目を通し、返信しています。

迷惑メールに振り分けられることもあるようです。

必ずお返ししていますのでおかしいなと思ったら確認してみてください。

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP