【五十肩・肩の痛み】石灰沈着性腱板炎について

肩の痛み

ご覧いただきありがとうございます。

こんにちは!

山口県周南市の整体院

「まどころ整体院」院長の河本です。

今回は「石灰沈着性腱板炎・五十肩について」についてのお話です。

五十肩にはいろいろなパターンがあります。以下の話も合わせてご覧ください。

見つかりません | まどころ整体院
周南市の重症専門整体院
見つかりません | まどころ整体院
周南市の重症専門整体院

石灰沈着性腱板炎とは

石灰沈着性腱板炎は肩の腱板部分に石灰成分がたまり、

その石灰成分が筋肉や腱、神経を傷つけたり、

関節そのものの稼働を阻害して炎症を起こし、痛みが発生する症状をいいます。

病院で診断された場合は注射もしくは薬でその石灰成分を散らすことになります。

石灰成分がなくなったのに痛い

石灰成分が溜まっていた部分は筋肉や神経が傷ついていることが多いです。

そしてその傷ついた部分を保護するように筋繊維が変形・硬化して

動かすと痛いというような症状が残る場合がよくあります。

傷ついた部分を補修する際には、皮膚上だとかさぶたや傷跡が残理ますよね?

同様に、皮膚下の組織にもそういったことが起こっています。

怪我の修復過程で早くリハビリを始めるのは、

そういったものが発生して、患部周辺の組織と癒着したり

硬化・変形して他の神経や組織を傷つけることがないようにするためです。

石灰沈着性腱板炎の場合発症から診断・治療までの期間が非常に長く

そういった変化が起こりやすい傾向にあります。

なので、石灰成分がなくなっても痛みが続く。ということは

実際よく起こります。

どこが原因で痛みが取れないのか?

石灰沈着性腱板炎の症状でよく痛めているのは

三頭筋の付着部分と上腕二頭筋の腱鞘部分です。

肩を上げようとすると必ず使う部分ですね。

特に上腕二頭筋の腱鞘部分に変形・硬化が発生していると

いわゆる腱鞘炎やバネ指のような状態になって

腕を上げるときにその部分に引っ掛かり、痛みます。

特に姿勢や骨格は悪くないが、痛みがある場合や、

肩も前側や前側よりやや側面部分が痛い場合、

このケースに当てはまります。

循環器に問題があったり

高血圧・脂質異常・糖尿病などの方にも多いですね。

血液の循環が滞り、老廃物や毒素の排出に支障があるんですね。

痛みを改善するために自分でできること

以上の原因に当てはまるなら、整えるべき場所は

上腕二頭筋の腱鞘部分と食事環境です。

上腕二頭筋の腱鞘

腱鞘部分には痛みがある場合ストレッチはかけられませんし、

専門知識がない場合、揉んだりすると危険です。

なので腱鞘部分に刺激が行くよう、上腕二頭筋の力こぶの部分を

揉みほぐしてみて下さい。

上腕二頭筋を広範囲でマッサージする

患部から遠からず、近からずのところであれば

刺激を与えることができます。

食事環境

血液の環境を整え、老廃物や毒素の排出が十分に行われるためには

肝臓と腎臓の機能を向上させる必要があります。

肝臓

肝臓は沈黙の臓器と言われ、壊れるまで検査数値には出ませんが

脂肪の分解を手助けしたり、解毒したりと血液環境を整えるのに

大変な役割をしています。

肝機能の向上に必要なのは「毒素」の摂取をやめること。

脂肪や糖の摂取を控え、葉物や根菜など消化に負担のないものを積極的に摂取して下さい。

見つかりません | まどころ整体院
周南市の重症専門整体院

腎臓

腎臓は血中の毒素を集めて尿として体外に排出する機関ですね。

腎臓には「水」です。

摂取水分が少なく、血液がドロドロの状態だと

濾過の作業に支障が出るんですね。

1日最低でも1リットル。2リットル飲むのがベストです。

見つかりません | まどころ整体院
周南市の重症専門整体院

まとめ

石灰沈着性腱板炎は石灰成分がなくなっても

  • その周辺の組織が変形・硬化・傷がついている場合痛む。
  • 痛みの原因は上腕二頭筋の腱鞘部分に変形が発生していることが多い。
  • ストレッチは難しいので上腕二頭筋をマッサージするのが効果的。
  • 血液環境を整えることも忘れずに

ということでした。

四十肩・五十肩にはいろんなパターンがあります。

長く患うと周辺組織が傷ついたり、使わないことで硬くなったりと

負のスパイラルに入ってしまいます。

できるだけ早い段階で可動域を確保して

その他の組織に影響のないようにしましょう。

最後までご覧いただき感謝します。

院の情報

住所:山口県周南市政所2丁目1-25
交通:JR「新南陽駅」徒歩6分
  :バス「政所」徒歩15秒
電話:070-3149-1522
受付:9時~20時
定休:不定休
備考:完全予約制

コメント

PAGE TOP